池江璃花子が白血病で入院している病院は?症状や東京オリンピックも!

今回の記事の内容は、水泳の池江璃花子選手が白血病を自身のツイッターで公表した。

 

では、池江璃花子選手が入院している病院や症状の経過と東京オリンピックについて紹介していくぞ!

 

スポンサードリンク




池江璃花子が白血病で入院している病院は?

池江璃花子選手が入院している病院の名前は公表されてはいない。

 

しかし、管理人が恐らくここではないかと予想している病院を紹介しているので最後まで見て欲しい!

 

2019年2月12日の時点で既に入院しているとメディアで発表されており、治療に専念していると思われる。

 

池江璃花子選手の実家が東京都の江戸川区なので、江戸川区内の病院に入院している可能性はとても高いと思う。

 

しかし、江戸川区内で白血病を治療出来る病院は存在しなかった。

治療出来るクリニックはあるものの、病院はないので恐らく病院に入院していると思うので江戸川区外の病院に居る可能性が高い。

 

白血病を治療することが出来る東京区内の病院一覧

  • 医療法人社団錦生会 和光医院

 

  • 小西醫院

 

  • 医療法人社団 熊野前医院

 

  • 医療法人財団健貢会 総合東京病院

 

上記で挙げた病院以外も治療は出来るクリニックや病院はあるものの管理人の勝手な予想にはなってしまうが上で紹介した病院に入院しているのではないかと思う。

 

では、白血病としったネット上の声を見ていこうと思う!

スポンサードリンク




ネット上の声

 

 

突然のニュースに驚きを隠せない人ばかりいた状況だ。

水泳も大事だが、これから白血病の治療に専念しないといけない。

 

俳優の渡辺謙さんも同じ白血病を過去に発病している。

 

現在は見事克服しており、現代の医療に身をゆだねるしかないだろう。

 

スポンサードリンク




症状や東京オリンピックも!

白血病の症状については、まだメディアで発表されて居ない状態である。

 

どの状態にあるのか発表され次第、追記していこうと思う。

 

東京オリンピックはどうなる?

東京オリンピックについては、池江璃花子選手が白血病を発表した当日の16時から水泳連盟が会見を行っており必ず白血病を克服してくれると信じているとコメントを残している。

 

来年に迫った東京オリンピックと言う大きな舞台で水泳をしている池江璃花子選手を誰もが見たいと思っていただろう。

コーチも白血病を克服してくれることを切に願っているに違いない。

不幸中の幸いではあるが、今回の白血病は早期発見となった様なので、大事に至るまではなっていないのではないかと予想している。

まだ18歳とこれからの選手なので、若い力が病気に勝ってくれると信じるしかないだろう。

 

スポンサードリンク




白血病ってどんな病気?

では、最後に白血病とはどんな病気なのか調べてみた。

白血病は、簡単に言うと血液のがんになる。

血液の中には、赤血球や血小板と白血球があるが骨髄で血液が生成されれる段階で、がん細胞をとなってしまう。

 

白血病は決して他人事ではなく、年間10万人当たり男性は11.4人で女性は7.9人の割合で白血病となっている。

 

 

池江璃花子選手自身も完治を目指して頑張るということであり、2019年4月から入学することになっている日本大学も全面的にバックアップをすることを表明している。

 

白血球は現代の医療では治る病気であるので、しっかりと治療に専念して元気な姿を見せて欲しいと思う。

 

スポンサードリンク




 

【まとめ】

  • 池江璃花子選手が入院している病院は、東京23区内の病院と思われる。
  • 病気の詳細な進行状況は発表されていない。
  • 治療に専念となるので、東京オリンピックへの出場はほぼ絶望と思われる。

 

スポンサードリンク




関連記事

池江璃花子の治療期間や復帰時期は?日大合格したが今後についても!

池江璃花子の病院名はどこ?場所や名前と入院期間や治療方法も!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です